記事Article

安心院高校と安心院葡萄酒工房のコラボレーション①~ワインを通じて安心院町の魅力を発信!~

REGIONAL KOJI alliance

安心院高校と安心院葡萄酒工房のコラボレーション①~ワインを通じて安心院町の魅力を発信!~

 2020年8月20日、安心院高校(大分県宇佐市)の情報会計コースの学生4名がタブレット片手に安心院町内の名所撮影に出掛けました。撮影した動画を一体何に使用するのでしょうか。今回は皆さんの撮影風景とそのユニークな取り組みをご紹介します。

■安心院町の魅力
 大分県民なら誰でも知っている(?)「安心院」町。さて、大分県民以外の皆様にクイズです。この町名は何と読むでしょうか。正解は「あじむ」です。「あんしんいん」と読む方が多いですが、「あ・じ・む」と覚えて頂ければと思います。そんな安心院町ですが、「ぶどう」や「すっぽん」といった食材から、「福貴野(ふきの)の滝」や「寒水(そうず)のムクノキ」などの名所、そしてたくさんの動物と触れ合える「アフリカン・サファリ」など、一日では体験しきれないほどの魅力がたくさんあります。


 
【安心院町山ノ口にある「福貴野の滝」】

 その中でも特に有名なのが、全国に先駆けていち早く開始をした「安心院町グリーンツーリズム研究会」が主催する農泊(農村民泊)です。参加者は農業体験や料理などを通じて農家と交流を行うことで、忘れられない貴重な体験をすることが出来ます。近年では海外からの参加者も増えて、年間10,000人以上もの方が安心院町で農泊をしていたそうです。そう、新型コロナウイルスの影響が出るまでは。

■ワインと高校生
 2020年、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界中で人の往来が激減しました。安心院町も例に漏れず訪問者は減り、毎年開催されていた様々なイベントも中止に追い込まれることに。この状況がいつまで続くか分からない中、安心院町を盛り上げようと安心院高校と安心院葡萄酒工房(大分県宇佐市)が地元の特産品の『ぶどう』で造った安心院ワインを通じて安心院町の魅力を発信しようと、ある企画をスタートさせました。

■地元のワインを通じて安心院を体感しよう
 企画内容は以下の通りです。
① 安心院葡萄酒工房が今秋発売する新酒のアートラベルのアイデアを学生より募集。
② ラベルメーカーの協力を得てデザインを起こす。
③ ラベルにQRコードを設置。
④ QRコードを読み取ることで、学生が作成した安心院町紹介動画が視聴できる。

そう、④の安心院町紹介動画を作成するために、学生たちは名所撮影に出掛けていたのです。新酒のアートラベルは3種類で、動画も3パターン作成します。この日はその第一回目で、町で人気の食堂、左官が壁を塗る鏝(こて)で描いた鏝絵、農村民泊の民家を動画に収めました。



【安心院町の名所を撮影する学生たち】

 こうして出来上がったのがこのワイン。安心院町下毛にある三女神社(さんみょうじんじゃ)の三女神である田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)、市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)をモチーフとした、新酒の飲みやすさを象徴する柔らかで素敵なデザインに仕上がりました。


 

【第一弾の田心姫命ラベル】

■地元愛
 安心院高校の学生たちは「安心院はブドウが有名だが、まだ知られていない地元で有名なものを発信していきたい」、「私たちしか知らないものを提供していきたい」と口にしていたそうです。皆様にはこの活動を通じて安心院愛を育み、将来にわたって安心院を紹介して頂けるような活動に繋げていただければ嬉しいですね。
 今回発売する3種類の新酒は10月24日から12月にかけて、安心院葡萄酒工房の店舗とオンラインショップで順次発売されます。ご興味のある方はご覧ください。
 安心院高校と安心院葡萄酒工房の取り組みはまだ続きます。次回をお楽しみに!

  • こうじらぼ

    NIPPON KOJI SPIRITの管理人兼Twitterの中の人

    本サイトの管理人兼Twitterの中の人です。
    「麹」に関する情報をどんどん載せて参りますので、よろしくお願いします。
    Twitterアカウント:https://twitter.com/koji_laboratory