co-tumugistPEOPLE

co-tumugist

“co”とは「共に」「共通」という意味があります。日本の国菌であり、日本固有の食・酒文化に欠かせない“麹”の文化は皆様により紡がれます。

  • 矢幡 万里子

    大分大山町農業協同組合ハーブ部会 部会長

    大分県日田市出身。ハーブ農家歴25年。
    趣味はフラダンス(6年)、バレーボール。

  • 星野 賢一

    有限会社かぼす本家 代表取締役

    1971年生まれ。西南学院大学経済学部を卒業後、西日本銀行(現 西日本シティ銀行)に入行。
    2003年に有限会社かぼす本家に入社し、2006年より代表取締役へ。
    趣味:ルアーフィッシング・旅行・テニス、そして食べること。

  • 髙橋 健

    Bar WAPIRITS マネージャー

    学生時代にアルバイトとして、「日比谷Bar」に入社。
    系列店を転々とし、2017年よりBar WAPIRITSにてTUMUGIを専門に扱うバーテンダーとなる。
    日々、麹のカクテルや麹料理を楽しみに来られるお客様と触れ、その楽しみ方を伝えている。
    麹と同じくらいに歌うことが大好きで、ロックバンドのB'zを自称銀座で1番愛するバーテンダー。

  • 辻 健

    TUMUGI研究所 所長 / サクラバル 料理人

    TUMUGIを愛し「TUMUGI研究所」というコミュニティを開設。
    とにかくTUMUGIに関する事にちょっかい出しにいく。
    本職は料理人。
    和洋中と色んなお店で経験を積み、今はジャンルに囚われずお酒にあうアテを作るのが得意。
    普段は「サクラバル」スタッフとして、毎週水曜日のみサクラバルの場所で「泡とおばんざいバル うたかた」を営業。
    料理人と店主も務める。
    メニュー開発や飲食店のアドバイザーも行う。

  • あおい 有紀

    フリーアナウンサー・和酒コーディネーター

    航空会社勤務後、アナウンサーに転身。ラジオパーソナリティー、テレビでの報道、スポーツ、情報番組などのキャスター、レポーター、ナレーションなどで活躍。記者発表、シンポジウム、セレモニーなどでの司会も多数。一方、日本の食や和酒の魅力、食事マナーの発信を積極的に行い、大切さ、楽しみ方を伝えている。300蔵以上足を運び取材、日本酒・焼酎コラム連載、全国各地での講演、セミナー講師、トークショー、ファシリテーター多数。フジテレビとくダネ!元生CMパーソナリティ / 日本酒造青年協議会運営 酒サムライ叙任 / 農林水産省 国産食材を応援するフードアクションニッポン アンバサダー就任 / きき酒師、焼酎きき酒師、WSET Level3(ワイン&スピリッツ)、一級フードアナリスト、日本箸教育講師などの資格を持つ。

  • 諸星 みどり

    『和菓子モダンスタイル』著者 (2018年・世界文化社)

    旬の果物やハーブなどの香りを活かした創作和菓子を作成し、自作陶器に和菓子をスタイリング。自身による撮影を通して日本の四季の風景をコンテンポラリーに抽象化した独特な世界観を表現。和菓子の世界に新風を吹き込み、SNS では海外のファンも多数。『旬の香りを前面に打ち出した和菓子』 という特長を活かしながら、日本酒カクテルやワインとのペアリングなど新しい和菓子の楽しみ方を提案するセミナーが好評を博す。 和菓子教室や食空間スタイリングセミナーを随時開催。同時にセミナー・イベント会場や企業ホームページなどで、自作の和菓子、器を用いた和モダンテイストの食空間スタイリング提案を行う。